スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


▼ランキングに参加中です。記事がおもしろかったら応援してね。▼


にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング


ウチの抱っこテク

体重7キロ、とっても重いクロイナー。
抱っこは、腕の上にお座り。

お座り抱っこ

もちろん落ちたら困るので
リードを持っている手でちゃんと覆って抱っこしています。


遠慮なく暴れる短気野朗のクロイナーですが
抱っこ中は、じっとしています。


どうやって抱っこ中に暴れないようにしたかというと

ポイントはたった2つ。

・腕から飛び降ろさせない
勝手に飛び降りられると
リードやハーネスに絡まって大怪我をすることがあります。
飛んで降りようとするのをグッと押さえ、降ろすのは必ず飼い主が。

・暴れている間は絶対に放さない
クロイナーの場合
抱っこに飽きたり、降ろして欲しい時
顔をコシコシ洗ったり、「ォーン」と鳴いたりします。

コレが抱っこ解放の合図になっていて
「はい分かったよ~」と、すぐに撫でて降ろしてあげます。

何かリアクションをおこすと
すぐに放してもらえること分かっているので暴れなくなりました。
また、次回からも同じリアクションをおこします。


暴れたら放してもらえると学習した猫は
大暴れが合図なので、抱っこするたびに暴れちゃいます。

~~ただし、以下の場合は例外~~~~~~~~~~
道にガラスが落ちていたり、犬を避けるために
どうしても抱っこし続けなければならない時があります。

危険回避の抱っこは、猫が合図しても降ろしません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


クロイナー、まだ若いので
不機嫌な時は暴れることもあります。

暴れたらどうするかとうと

猫は瞬発力はあっても持久力は無いので
暴れ続けることができません。

暴れ中に一瞬、一休みします。

この大人しくなった瞬間
ひと撫でして、サッと降ろします。

覚えてやがれ!バーカ!!といわんばかりの
憎たらしい態度で走って逃げますが・・。
(そこは飼い主の大人の対応。追ったりしないでグッと堪える)


繰り返しているうちに
大暴れは少なくなっていきます。

暴れ猫の飼い主さんは一度おためしあれ。


▼ランキングに参加中です。記事がおもしろかったら応援してね。▼


にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

抱っこ嫌いについて一考。

猫の抱っこ嫌い。

思い当たる節はありませんか。


抱っこ中の大暴れやグネグネを抑えようとして
たたいたり、しかったり、大声を出したりしていませんか?。


爪きり、ブラッシング、歯磨き、耳掃除、首輪を着ける時
仰向けに抱っこしたり
力ずくで押さえつけていませんか?。


嫌なこと、怖いこと=抱っことなれば
当然、抱っこは嫌いになっちゃいます。

また、
叱る時に捕まえてから叱っていると
捕まえようとするだけで察知して逃げるようになります。



抱っこせずに猫のケアをするには

猫はお座りの姿勢、飼い主は後ろに回ればよろしいのです。


猫も犬も

仰向けにされたり、持ち上げられるのは嫌います。

お腹を下に向けている姿勢が一番フツーで、落ち着く体制です。


ハーネスを着けるクロイナー。
ハーネスを着ける時


薬を飲ませる時も、ブラッシングの時も同じ姿勢です。

引っ掻くにしても噛み付くにしても
攻撃するには仰向けに転がるしかない体勢なので
猫にしてみれば暴れにくい姿勢です。


ただし、この姿勢

飛んで逃げようとする猫に

頭突きされることがあります(笑)。


▼ランキングに参加中です。記事がおもしろかったら応援してね。▼


にほんブログ村 猫ブログ 猫 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング


テーマ : 猫と暮らす
ジャンル : ペット

スポンサーリンク
カテゴリ
プロフィール
myfam03.jpg
飼い主:イチイチ君
住所:石川県
趣味:動物いぢり、乗馬、苔盆栽

クロイナー
名前:クロイナー
2008年5月生まれ♂
体重:6.8kg



名前:兼六園ポン太郎(ぽんちゃん)
2014年春拾い♂
体重:3.0kg
兼六園で拾った赤猫
最新記事
イチイチ君のほむぺ&ブログ
アニマル雑貨けもの屋さん
けもの屋さんブログ
恐竜ブログ
アルバム
ご訪問ありがとです
参加しています


↓クロイナーは300黒猫目だよ↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。